メンズ必見!!香水の基本と正しい付け方

ファッション

男性のファッションにおいて香りというのはとても大切なものになります。

人とのファーストコンタクトでは見た目だけでなく、匂いの印象が強く残ります。

そのためいい香りであれば女性に好印象を残したりすることができます。

しかし、一歩付け方を間違えてしまうと女子ウケが悪く、せっかくの香水が台無しになってしまいます。

この記事では香水の正しい付け方と香水の基本についてご紹介します。

香水の種類

香水には大きく分けて4つの種類があります。

パルファン

香水の中で一番濃度が高く、どのブランドでもトップグレードフレグランスの位置づけになっています。

そのためどのブランドでも値段が高額になっていることが多いです。

液体タイプのものが多く、一滴だけで十分香りが楽しめます。

日本語の香水はこのパルファンを指していますが、今ではパルファンだけでなくパルファンからコロンまで指すことが多いです。

香水濃度:15~30%

持続時間:5~12時間

オーデパルファン

パルファンに近い濃度で手軽に楽しめるようなものです。

価格もパルファンと比べると安価のため人気になっています。

濃度がパルファン同様高く、スプレータイプが多いのでつけすぎには注意しましょう。

ちなみにオーデはフランス語で元々水を意味していますが、香水では「薄い」を意味しています。

香水濃度:10~15%

持続時間:5~12時間

オーデトワレ

一番普段使いがしやすい人気の濃度の香水です。そのため初心者に一番おすすめの濃度です。

一般的に男性の香水というとパルファンやオーデパルファンよりもトワレやコロンの方が主流になっています。そのため種類も多くいろんな香りが楽しめます。

香水濃度:5~10%

持続時間:2~5時間

オーデコロン

4種類の中で濃度が最も薄い香水になっています。

香りが薄いためきつい香りが苦手な方にもおすすめです。

また、お風呂上りや寝る前などに使用するのもほんのりいい香りがしておすすめです。

香水濃度:1~5%

持続時間:1~2時間

香水を付ける場所

香水は温度が高いと揮発しやすいため血管が多く集まっており、体温が高いところにつけるのがいいとされています。また、汗が出やすいところなどは汗の臭いと混ざり、香りが混ざるため注意が必要です。

ここではおすすめの香水をつける場所についてご紹介します。

髪の毛

空中にスプレーを噴射してそこを通るようにつけるのがおすすめです。

香りがきつくなりにくく全体に香るのでおすすめです。

耳の後ろ

耳の後ろは血管が多く通っておりおすすめです。

ただし、顔や鼻に近いため付けすぎには注意が必要です。

ひじの内側

体温が高く動きが出やすい箇所なのでおすすめです。

ひざの裏

こちらも体温が高いためおすすめです。

香水は揮発すると上に香ってくるので上半身に比べて香りがふんわり香ってきます。

足首

足首はひざの裏と違い、露出しているのでちょっと違った香りになります

一度つけてみるのもおすすめです

香水を付けるタイミング

香水は様々な香料が含まれているため揮発しやすい成分から香っていきます。

そのため香水の香りは時間とともに変化していきます。

香る順番に

  • トップノート:~15分程度
  • ミドルノート:~2時間程度
  • ラストノート:~12時間

というようになっています。

香水を付けてから30分程度たったミドルオートの香りがベストなので、誰かに合う30分前に着けるのがおすすめです。

また、種類によっては香りの立ち上がる時間が違ったりすることがあるので、自分のお気に入りの香水はどの程度時間が経てばどういう香りになるのか把握することが一番いいと思います。

香水をつける際のポイント

お肌に直接つける

肌につけると体温により香り成分が揮発しやすく香り立ちがよくなります。

香水の成分が身体に吸収される説もありますが、一般的には吸収されないとされており、安全な成分で作られているので安心してください。

ただし、肌荒れなどの症状がでればもちろん使用は控えてください。

季節によって香水を変えてみる

一年中同じ香りあのももちろんいいですが真夏にバニラなどの重たい香りをさせるとあまりいい印象は残りません。

真夏はシトラス系にしたり、冬場はバニラ系など季節によって香りを変えると上級者っぽくすてきですよね。

つけすぎには注意

これが一番気を付けたほうがいいと思います。

自分では嗅覚疲労を起こし、香りに気づかず付けすぎてしまい、周りを不愉快にさせる可能性があります。

周りの家族や恋人といった正直に話してくれる人に確認してみましょう。

パルファムは点、オーデパルファム、オーデトワレは線、オーデコロンは面といったイメージでつけましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ぜひとも自分のお気に入りの香水を見つけてこの記事を参考に付けてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました