西東京エリアで男性が住みやすい街を三選しました

ライフスタイル

新宿や池袋に通うことになった!でも23区内は家賃が高い、、

でも職場や学校までは時間をかけたくない。そんな人におすすめなエリアが西東京です。それは何故か?仕事で西東京に行くことが多い筆者が、まずはそこから説明します。

①家賃が安い

西東京エリアは何と言っても、23区内と比べて家賃が安いです。23区内の平均が10万近いのに対し、西東京エリアは7万ちょっとです。月に3万の差額は年間36万です。この差を作れるだけでも、あえて西東京に住む意味がわかりますよね。これは僕の実体験です。

②住みやすい

西東京エリアから都心には、JR中央線、西武線、京王線、小田急線など、非常に多くの電車が乗り入れており、交通の便が良いです。つまりどこに住んでも、だいたい駅までは歩ける距離になります。また23区と比べて緑が多く、西に行けば行くほど自然を感じて暮らすことができます。青梅なんて東京とは思えないノスタルジーですよ笑 また夜も閑静な住宅街ですので、治安が良く安心して暮らせます。

それではそんな西東京から、おすすめの町を三つ紹介します。

①国分寺

国分寺駅から新宿駅まで乗り換えなしで20分、渋谷と池袋へは一回の乗り換えで30分で着きます。

JR中央線、中央本線、西武多摩湖線が乗り入れているターミナル駅で、中央線は中央特快が止まります。これがほんと大きい。新宿は近所みたいな感覚にさせてくれる電車です。笑

駅周辺はスーパー、飲食店がたくさんあり、夜は居酒屋が繁盛する元気な街です。男を飽きさせない町ですね。ちょっと歩けば殿谷戸庭園という文化財の庭園があります。歩いてるだけで癒される自然があります。紅葉も必見です。

デメリットととしては、道がすこし狭いです。駅周辺は特にそうで、ゴチャゴチャした雰囲気は否めません。

家賃は6万が平均です。

②立川

東京23区以外では最も発展している町と言い切れます。というか、駅前の発展具合は福岡と同じレベルだと思います。三宮は超えていますね。今西東京で最も勢いのある街でしょう。

要するに生活の全てがこの町で完結できます。映画館は二つ。百貨店は三つ。

スーパーなどの生活に必要な店が充実しているのは当たり前で、カフェや居酒屋、ラーメン屋、お水系のお店、、何でもあります。とくにラーメン屋は多く、激戦区です。ほかにもビッグカメラやホテルなどもたくさんあります。

デメリットとしては、都心から少し離れています。新宿までは乗り換えなしの中央特快で、30分くらいかかります。あと夜におらついている人がたまにいます笑

家賃は七万円が平均。コスパはとても高い街だと思います。

③三鷹

前の記事で出てきた太宰治が住んでいた三鷹。立川、国分寺とは雰囲気が少し違う文化的な雰囲気が漂う街です。

三鷹駅は総武線、中央線、地下鉄東西線が乗り入れており、どこに行くにも最強です。錦糸町、秋葉原、大手町、東京駅、新宿、吉祥寺は全て乗り換えなしで行くことができます。

駅前は道が整備されており、緑も多く非常にきれいです。もちろんスーパーや飲食店も充実しています。井之頭公園も近く、自然と共生している町というイメージが強いです。

家族で住んでいる家も多いのが治安の良さを証明していますね。

家賃の平均は7.1万です。交通をかんがえると安いですねぇ。

以上、西東京エリアのおすすめの町三選でした。

個人的には花小金井や聖蹟桜ヶ丘なんかも紹介したかったですが、それはまた別の記事で、、

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました