20代・新社会人におすすめするメンズ腕時計ブランド10選

ファッション

5位~10位

続いて5位~10位です。

5位 ハミルトン (Hamilton)

公式HP: https://www.hamiltonwatch.com/

国内正規品:9万円~(クォーツ式は5万)

並行輸入品:23万円~

1892年にアメリカのペンシルバニア州で創業された時計ブランドです。

今回紹介する時計の中で一番低価格のものになります。

これは優れた製造ラインを確保しているため、質の高い時計を大量生産することに成功しているからです。

電池式の時計を最初に製作した会社でもあり、ベンチェラという時計は特徴的なデザインであり人気のモデルです。

6位 セイコー(SEIKO)

国内正規品:モデルやラインによる

公式HP: https://www.seikowatches.com/jp-ja

1881年(明治14年)、服部金太郎が輸入時計の販売と時計修理を目的とし服部時計店を創業しました。

電池式の時計を最初に製作したのはハミルトンですがこれは小型モータを使用したものであり、クォーツ式時計を世界で初めて製作したのはSEIKOであり、アストロンという時計です。

日本人はもちろん海外でも人気があり、日本が誇る有名腕時計ブランドです。

7位 ノモス(NOMOS)

国内正規品:22万円~

並行輸入品:15万円~

公式HP: https://nomos-glashuette.com/ja

1906年にグイド・ミュラー氏によって創立された名門ドイツ時計ブランドです。

スポーツウォッチが流行っている中、シンプルでオシャレなデザインのドレスウォッチを販売しているのが魅力です。

タンジェント、ラドウィグ、オリオン、テトラなどどのラインも人気であり、ファッション性の高いおしゃれな時計が欲しい方におすすめです。

8位  ロンジン(LONGINES)

国内正規品:25万円~(クォーツ式は7万円~)

並行輸入品:15万円(クォーツ式は10万円~)

公式HP: https://www.longines.com/jp

1832年にスイスのサンティミエで創業し、今尚伝統的な時計を製造し続ける老舗時計ブランドです。

元々高級時計として有名だったのですがクォーツショックにより、オメガやタグホイヤーにその地位を明け渡したという歴史があります。

クラシックでレトロなデザインがウリで、同価格帯のオメガやタグホイヤー、ノモスではなく”あえて”ロンジンを選択するというのも渋くてかっこいですね

9位 ボーム&メルシェ(BAUME&MERCIER)

国内正規品:21万円~(クォーツ式は11万円~)

並行輸入品:14万円(クォーツ式は6万円~)

公式HP: https://www.baume-et-mercier.com/jp/ja/home.html

1830年に ルイ=ヴィクトールとセレスタン・ボーム兄弟が時計工房を開いたことから始まった古い歴史を持つ時計ブランドです

懐中時計を製作していた時代はトゥールビヨン・ミニッツリピーターといった複雑時計の製作に力を入れており、高い技術力をもったブランドになります。

最近では女性のエレガントで美しい時計をメンズにも応用しており、デザイン性の高い時計をウリにしています。

10位 オリス(ORIS)

国内正規品:17万円~

並行輸入品:9万円

公式HP: https://www.oris.ch/jp

1904年にスイスのヘルシュタインで創設された時計ブランドです。

時計のすべてをスイスの職人が作り、機械式しか製作しないことにこだわっており、時計愛好家から熱い支持がある時計です。

本格的なスイスメイド時計が低価格で手に入るので初めて買う機械式時計としておすすめです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

この記事の中で国内正規品と並行輸入品の価格について記載してますがこの違いはまた別の記事で紹介しようと思います。

高額な時計ですが社会人になったばかりでお金にそんなに余裕がない中でもこれらの時計を購入するのを目標に仕事を頑張るのも素敵ですよね。

まずは仕事でつかえるような時計を購入してから、セカンドウォッチとして変わったデザインの時計にも挑戦してみてくださいね。

ぜひともお気に入りの時計を身に着けてください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました