MCTオイルダイエットとは?その効果とおすすめ商品、飲み方をご紹介

ボディメイク

ココナッツオイルに多く含まれているMCT。最近耳にすることが多いのではないでしょうか?ここではそのMCTの効果や飲み方、おすすめ商品について詳しくご紹介したいと思います。

MCTオイルとは?

MCTオイルとはMedium Chain Triglyceride のそれぞれの頭文字をとった略称で中鎖脂肪酸のことを指します。 中鎖脂肪酸は、ココナッツやパームフルーツなどヤシ科植物の種子の核の部分に含まれる天然成分になっており、ココナッツオイルには約60%の中鎖脂肪酸が含まれています。つまりMCTオイルとはここから中鎖脂肪酸だけを取り出したオイルのことです。

MCTオイルは一般的な油脂である長鎖脂肪酸と比べて脂肪の長さが半分以下になっている油脂です。そのため吸収が非常に速いことが特徴です。

引用元:https://www.nisshin-mct.com/

効果

一番の効果としてはケトジェニック(糖質制限)ダイエットに大変効果があります。

MCTオイルは肝臓で直接分解されるため脂肪として蓄えられない効果があります。MCTオイルを摂取すると肝臓に直接取り込まれます。そこで急速にケトン体を生成します。ケトン体が多く作られると糖質ではなく脂質をエネルギーにするケトーシス状態への移行がスムーズになり、脂肪が分解されやすくなります。

MCTオイルはケトーシス状態への移行を促進してくれるアイテムになります。また、ケトジェニックダイエットをしていない時でも急速に分解されるため脂肪になりにくいという効果もあります。

ケトジェニックダイエット(糖質制限ダイエットの詳しい方法は下記記事を参考にしてみてください。

また、ケトジェニックダイエット以外の効果として脂肪をエネルギーに変えるミトコンドリアの生成や筋肉量の増加、疲労回復の速度が上がるなどの報告もあります。

しかし、過剰摂取するとそもそもの摂取カロリーが増大してしまうので十分注意してください。

飲み方

摂取量・飲むタイミング

まずは摂取量が重要になります。一日30gを摂取するとケトーシスになるのに効果があるといわれています。一度に大量にとってしまうとお腹を下す原因となりえないためこまめに摂取するようにしてください。はじめは5gを6回摂取するなど小分けにして摂取することをおすすめします。

摂取の仕方

MCTオイルは熱にかなり弱いものになっています。そのため加熱調理をしようとフライパンにいれるとかなりの蒸気が発生し、とても料理ができる状態になりません。そのため加熱調理に向いていません。

MCTオイルは無味無臭なので調理後の料理にかけることをおすすめします。サラダやスープに入れて飲んだりできます。しかし、個人的に若干風味?的なものがあると感じているためコーヒーにいれて飲むのが好きです。朝はコーヒー、昼はサラダ、夜はスープにいれるなどがおすすめです。また、直接飲めないこともないので食事前にスプーンで計量してそのまま飲んでもいいかもしれません。

おすすめのMCTオイルと選び方

MCTオイルの選び方のポイントとしては

  • 味や香りにあまりくせがないもの
  • 100%ココナッツ由来のもの
  • 成分

基本的にこの2つに注意すれば問題ないと思います。飲み方でも紹介しましたがMCTオイルにも若干の風味的なものがあります。これができるだけくせがなく摂取しやすいのでそういったものを選ぶようにしましょう。

MCTオイルは先ほども記述したとおりヤシ科の植物から採取できますがココナッツオイルから摂取したもののほうが酸化しにくく上質なのでココナッツ由来のものを選びましょう。

また、中鎖脂肪酸には3種類存在しているといわれており 、C8(カプリル酸)、C10(カプリン酸)、C12(ラウリン酸)があります。この配合にはいろいろな研究がありますがカプリル酸が高配合のほうがケトン生成が多くエネルギー効率が良いといった報告があります。

これらのポイントを元におすすめMCTオイルをご紹介したいと思います。

仙台勝山館MCTオイル

300年以上続いている仙台伊澤家勝山酒造を母体として誕生した会社で製造されたものです。もちろんココナッツ100%由来です。

成分として中鎖脂肪酸は3種類あるのですがカプリル酸、カプリン酸を6:4で配合し、エネルギー効率が高い配合にしている特徴もあります。

化学溶剤も不使用で日本で作られており安全性も高く、風味もくせが少なく摂取しやすくなっています。

Nature’s way Organic MCT oil

こちらはNature’s wayというアメリカユタ州の会社で世界的に有名なサプリ、ハーブ製品を製造する会社です。安全性が高いことは世界的にも認められている会社でありもちろん100%ココナッツ由来です。カプリル酸とカプリン酸の配合は7.7:5で配合されておりエネルギー効率もいいです。

香りは少なく摂取しやすいものになっています

Coco MCT Oil

こちらも100%ココナッツ由来のオイルになります。化学工程を行なっておらず蒸留法でのみ抽出した安全なものとなっています。香りやクセが少ないことが特徴です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ぜひとも生活の中にMCTオイルを取り入れて、より健康な生活を送ってください。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました