PCR検査、抗原検査とは?(COVID-19)

ライフスタイル

 今、現在も大流行している新型コロナウイルス(COVID-19)に対して、最近よくニュースなどで耳にするのが、PCR検査や抗原検査。

 これらの検査がいったいどのような仕組みで行われているのか?これらの検査のメリット、デメリットは?という疑問についてお答えしていきたいと思います。

 この記事を読んで、新型コロナウイルスへの正しい知識をつけ、正しい対策をしていきましょうね。

ウイルスとは

 巷でもよく聞く「ウイルス」という言葉ですが、そもそもウイルスが何なのか知っていますか? こう聞かれると答えられる人は意外と少ないのではないでしょうか?PCR検査や抗原検査について解説する前にそもそもウイルスとは何かを学んでいきましょう。

 ウイルスの本体は、ずばり、RNAになります。人やほとんどの生物は自身の遺伝情報をDNAとして持ちますが、ウイルスは遺伝情報をRNAとして持ち、このRNAから生物に害を与えるタンパク質を生成することで我々人間や動物を病気に陥れるのです。また、このRNAが本体のウイルスは体内で増殖します。ウイルスが増殖すると体内のいたるところにウイルスが存在するようになり、会話やくしゃみなどでウイルスを含む唾液などが飛沫することで感染が拡大されます。

なのでみなさん、できればマスクはしましょうね。

ウイルスの本体を知ったところでそれでは検査についてみていきましょう。

PCR検査

PCR検査の仕組み

 それではPCR検査について、解説していきたいと思います。PCRとは、polymerase chain reactionの略称で日本語ではポリメラーゼ連鎖反応と訳され、医学系、分子生物学系の大学では、大学生でもよく行っています。簡単に、どのような反応になるかというとDNAポリメラーゼやRNAポリメラーゼなどの酵素を使って、DNAやRNAを複製し増幅する手法になります。

 今回のPCR検査では、COVID-19の本体はRNAのため、RNAポリメラーゼを用いて、COVID-19に特有のRNA配列を増幅させます。感染が疑われる患者から採取したサンプル(主に鼻の粘膜から)をPCR検査し、増幅されれば陽性、増幅されなければ陰性になります。

PCR検査のメリットとデメリット

PCR検査のメリットですが、陽性、陰性の精度が比較的高いことになります。

デメリットは、扱うRNAがかなり分解しやすいため、作業がかなり高度になってしまうという点になります。またPCRではRNAを増幅させるのに時間がかかってしまうため、大量の検査が出来ず、どうしても検査できる患者の数が制限されてしまうことになります。

余談ですが、現在、さまざまな大学にこのPCR検査ができないか、できる設備があるかの調査が行われているらしいですね。

抗原検査とは

抗原検査の仕組み

 ここで言われる抗原とは、「ウイルスが生成するタンパク質」のことを指します。またどのタンパク質にも必ず特有の形が存在し、この形が機能に重要な役割を果たしていることが多いです。そのため、抗原検査では、この抗原の形に特異的に結合するタンパク質(抗体)が結合するかを検査します。

今回の検査では、COVID-19が生成する抗原に特異的に結合する抗体を、感染が疑われる患者のサンプルに添加し、結合すれば陽性、しなければ陰性になります。

抗原検査のメリットとデメリット

 抗原検査のメリットは、RNAのように増幅する必要もなく、タンパク質の扱いは簡単なので、検査に時間がかからず、1日に多くの検査ができることになります。

 デメリットはPCR検査と比べ、その精度が低いことになります。先ほども言った通り、この検査では、抗原の形が大切になります。COVID-19が生成する抗原の形と似たタンパク質が存在すると、抗体が誤って結合してしまうことがあるため、どうしても精度が落ち、誤判別が増えてしまうのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、新型コロナウイルスの検査方法について、紹介しました。

みなさんも正しい知識を持って、新型コロナウイルスの対策をしてくださいね。

みなさんができる限り早く一般生活に戻れることを願っています。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました