自分らしさと大人らしさを演出するオススメ鞄の選び方!

アイテム

みなさんは普段の通勤で、どんな鞄を使っていますか?

持ち運びに便利、たくさん書類が入る、頑丈、多様な選び方があるとは思いますが、鞄選びで相手からの印象を損なっていると感じた事はないでしょうか?

時計と同じように、鞄も見る人は実はしっかり観ています!

今日はこだわりを忘れられがちな鞄の選び方をご紹介します!

ダレスバッグ(ブリーフバッグ)

ダレスバッグは”THE 英国紳士”と言ったスーツに合わせる為にあるような鞄ですね!

ダレスバッグは普通の鞄と違い盛りが少ないものが多く、クッション性などが少ない上に、見た目が古臭いと敬遠している人もいるのではないでしょうか?

しかしダレスバッグは物がたくさん入る上、落としても書類が曲がったりすることも無い便利な鞄です!

さらにダレスバッグの利点は自立する事です!

駅や会社を問わず、鞄の中を探る機会は意外と多い物。

そんな中片手で鞄を支えながら中を探ることが、地味に不便だと感じま事のある方は少なく無いはず!

そんな方にこそダレスバッグはおすすめです!

こちらはビジネス面にしっくり馴染み、かつレザーの温かみと経年傷による味わいを感じられるダレスバッグです。

色も幅広く扱っており、自分らしさも同時に演出できるのがいいですね!

そしてこちらはダレスバッグの縦型です!

こちらは縦長の形をしているので、背負うスタイルにもしっくり馴染みます。

さらに仕切りが使いやすいのも魅力的です。

ファイルもしっかり入るA4サイズなので、ビジネス用途はもちろん、ジャケットスタイルのプライベートでお洒落さと大人っぽさを演出できます!

こちらはナイロン素材のダレスバッグです。

レザーを使ったものに比べて軽い為に携行性が向上していますね!

さらに他のナイロンと違いリクルートバッグの様な安っぽい色でなく、切り返しを用いたお洒落なルックスも魅力的です。

ナイロンで明るい色は、格式感は少し落ちるかもしれませんが、清潔感やフレッシュさが演出できますね!

トートバッグ

トートバッグの魅力は方にかけて持ち運べる利便性ですね!

片手が埋まっているのと、両手が使えるのとでは動きやすさが雲泥の差です。

さらにトートバッグは日常でも使えるので、プライベートとビジネスとで中身を入れ替える手間も省けるのがいいですね!

この商品はカラーリングが幅広く揃えてある上、中の仕切りもとても利便性を意識した作りになっています!

さらに底鋲(底面が地面に直接つかないためのもの)も、四隅と中央に付いていることで汚れがつき辛く、長く使うことができます!

また、トートバッグはファスナーがないとふとした表紙に中身が飛び出すことがありますが、こちらの商品はファスナー付きなのでその心配も不要です!

こちらは女性も使える落ち着きのある上品なデザインですが、持ち手の色を変えることでカジュアルさを演出しています。

同時にレザーにプレスでデザイン加工を施すことで高級感も演出していますね!

リュックサック

ビジネスにリュックサックなぞけしからん!という前時代的な意見を持ち続ける人もまだ残ってはいるものの、

電車やオフィス街を見渡すと、スーツにリュックを背負ったビジネスマンは多く見受けられます。

しかし同じリュックサックでも、なぜか野暮ったく見えてしまう人がいるのは事実です。

それは形が大きすぎたり素材が柔らかいせいでリュックが膨らんで見え、最近のスタイリッシュなスーツと合わないせいです。

なのでコンパクトで薄く、同時に書類もしっかり収納できるリュックを選べば解決する訳です!

ビジネスリュックは書類やパソコンを中に入れるため、A4サイズ以上で防水加工のしてあるものが望ましいです。

また、ロゴもあまり入っていないシンプルなデザインの方がスーツに馴染みます。

こちらの商品の様に、至る所に収納スペースが設けられたリュックが理想的ですね。

手持ち鞄と違いリュックは背負うせいで、階段の上り下りなどにより思っている以上に中身が揺れて散乱する恐れがあるからです。

また、USBポートがあればプライベート用の携帯も社用携帯も充電切れになる恐れがないですね!

ボディバッグ

中には書類が持ち出し禁止で、財布や携帯などしか持ち歩かない人もいるのではないでしょうか?

私の職場も同様で、大きなカバンはロッカーを圧迫するだけです。

そんな方におすすめなのがボディバッグやショルダーバッグです。

学生が使っているようなものではなく、シンプルで薄めのものであれば意外とスーツと会うことをご存知でしょうか?

こうしたデザインのバッグは少し勇気が要るかもしれませんが、必要な分しか入れずに済む上、広すぎる鞄の中で散乱しないので、使い勝手は抜群です!

こうしまボディバッグを持っていればビジネス用途はもちろん、プライベートでも活躍できそうですね!

こうしたデザインのものもおすすめですが、注意するのは開口部が広く取られているものを選ぶことです!

理由としては、急な配布物などを入れるときに折り曲げなくてはいけない恐れがあるからです。

こうしたボディバッグはB5サイズまでなら入る物が多いので、A4なら二つ折りにせずとも中で軽くU型に丸めれば入ってしまいます!

まとめ

いかがだったでしょうか?

鞄は意識している以上に意外と観られているものです。

スーツや時計に気を使うように、手元のおしゃれさにも気を使ってみてくださいね!

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました