さりげなくセンスを演出!Yシャツの歴史

スーツ

皆さんは普段どのようにスーツを選んでいますか?

昨今。オフィスカジュアルという言葉を耳にする機会が増えたものの、オフィスカジュアルにはこれといった定義がなく、組み合わせに気を遣う方も多いのではないでしょうか。

著者も職場はオフィスカジュアルが認められていますが、雨の日以外はスーツで出勤するという選択をしています。

スーツは堅苦しく、着るのが面倒だという意見も多く聞きます。しかしスーツは社会人としての最も分かり易い身分証であり、また、決められた範囲内で自分を表現する才腕の見せどころでもあります。

ところがスーツを着る上で、ジャケットやパンツ、ネクタイに気を遣っているにも関わらず、シャツ選びには無頓着という人が多く見受けられます。

勿論スーツは一番目に見える範囲ですから、スーツそれ自体を選ぶのに気を抜くのはナンセンスです。しかし、そ皆さんが気にしている以上にシャツというものは主張の強いものです。

今回は、普段意識し損なってしまいがちな、隠れたアピールポイントであるYシャツのルーツと選び方をお伝えします!

スーツと切り離せないYシャツ発祥の歴史

Yシャツの語源

そもそもYシャツがなぜYシャツと呼ばれているのでしょうか。

日本ではY字型をしているその見た目に由来している、と勘違いしている人が多くいますが、実際は誤りです。

スーツ発祥時の英国において、スーツの内側に着る シャツは白色のみでした。当時は現代と違いシャツはあくまで肌着であり、それこそ現代のように見せる為のものではなかったのです。

スーツが台頭し始めた当時のイギリスで、スーツを着るのは上流階級の人たちでした。肉体労働をして稼いでいる人たちとは異なり、自分たちは汗を垂らして働くのではなく、その頭脳を用いて生産活動を率いるのだという意識がありました。

彼らは上流階級としての身嗜みを心がけており、背広は言わずもがな 、 肌着にも清潔感が求められました。 そしてその清潔感は、シャツの美しさ=白さに指標が置かれていたのです。

つまり、スーツの下のシャツも美しく清潔で白くあるべき。

=White Shirt(ホワイトシャツ)という言葉が、日本に伝来する際になまってワイシャツとなったわけですね。

ちなみにオフィス勤務者をホワイトカラー、技術職をブルーカラーと呼ぶのは、当時のオフィス勤務者がYシャツを、肉体労働者がデニム地のつなぎを着ていたため、その襟(カラー)がホワイト、ブルーだった事に由来しています。

Yシャツは白の無地を選ぶべきか?

しかし、現代ではYシャツの下に肌着を着ますし、夏場のクールビズなどではYシャツをトップに着ることからも、Yシャツが肌着扱いではないことは言うまでもないですね。

なので、現代においては(会社の規則で許されるのであれば)、色付きや柄入りのシャツを選ぶことは誤りではないです。

それどころか、ジャケットの色との組み合わせを考慮した色や柄、生地を選ぶことは身嗜みの一環となっていますね!

Yシャツの形

Yシャツの裾部分はU字型になっていますが、プライベートで着るようなシャツは裾部分が水平になっているものもあります。

これは、上述のシャツが下着であったことに起因しています。

当時のシャツはパンツとしての機能も備えており、裾を股の下で留めていたのです。

その名残が今の裾となっているわけですね。

当時は股下で留めていたことで、シャツが浮いて出たりすることがありませんでした。常に美しくシャツを着こなせていたことを考えると、それも悪くないように思えますね。

しかしこの裾部分も、時代の変化とともに今は用を成さなくなりました。

今ではタックインしやすくするためのパーツ程度になっています。

その他のルーツ

Yシャツが肌着であった当時と現代で、大きく変わった部分はまだあります。

それはボタンダウンシャツ(襟部分のボタン)と、ポケットです。

ボタンダウンはネクタイをしないことを前提としており、シャツが目立ってしまうことになります。

また、ポケットもクールビズなどでシャツをトップスとして着ることが増えたことで生まれたものですね。

このようにシャツは時代に合わせて機能性を増し、肌着から1枚で着ても映える衣類へと変化しました。

20ー30代へおすすめのシャツ

ここまでシャツのルーツを書いてきましたが、現代社会で着る上で大切なのは清潔感とコーディネートです。

シャツは数え切れないほどの種類がありますが、同様にブランドにも多くの種類があります。

筆者のお勧めは最近の細身のスーツに合わせて着る、スラムフィットタイプのシャツです。

また、一人暮らしの方には形態安定タイプだと尚おすすめです。

形態安定タイプは、洗った後にシワを伸ばして干せばアイロン掛けが不要、もしくはほとんど不要なシャツです。毎日のお手入れがとても楽になります。

携帯安定タイプのシャツで、細身のスーツにも馴染み、夏場はトップスとしても着ることが出来、なおかつ複数枚無理なく購入できる。

これらをすべて満たすシャツでお勧めはBrick HouseのYシャツです。

僕自身もこれを気に入って主に着ていますし、50代の上司もBrick Houseのシャツを着ていました。

価格としては安価な方ですが、トップスとして着ても気にならないおすすめブランドです。

まとめ

文化の起源を知ることはもちろん大切です。しかし時代の流れに適応できない文化は、悪習として淘汰されます

現代のシャツが多様な色や形をしているのは、その在り方が時代に合わせて変化してきたからです。温故知新という言葉があるように、古きを知って新しきを見つけることが大切です

ルーツに囚われることなく、その役割を知ったうえでTPOに合わせた自分なりのシャツを選んで頂ければと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました